TOX PRESSOTECHNIK
close
オンライン製品コンフィギュレーター
Get started

TOX®-クリンチングと薄板金属接合

  • TOX®-接合実ワーク
  • 工程 1 TOX®-接合工程: 浸入塑性成形
  • 工程 2: ポンチ側材料でのインターロック形成
  • TOX®-接合ポイント形成
NEXT
NEXT

TOX®-クリンチング:リベットを使用しないリベット接合!

TOX®-クリンチング:追加のエレメントも熱もない、シンプルな接合技術です!クリンチング工程では、冷間成形工程を使用して2枚または3枚の薄板金属のボタン形状の確実な接合を実現します。

通常はTOX® PRESSOTECHNIKで特許取得したソリッドダイキャビティを使用します。TOX®クリンチングは、コストパフォーマンスと信頼性に優れ、薄板金属接合業界で広く認められ、高く評価されています。

クリンチングのスペシャリストとして、また、TOX®-クリンチングテクノロジーのイノベーターとして、弊社には以下のすべての知識があります。

接合の基礎 - TOX®-接合テクノロジー

TOX®-ラウンド接合の形成

  1. 食い込み
  2. セットアップ
  3. 上部輪郭部の成形
  4. リング溝埋め
  5. ポンチ側材料の横方向の広がり
  6. TOX®-ラウンド接合終了

TOX®-クリンチングの原理:

 

クリンチングは、生産技術のDIN 8593に準拠して接合工程を定義しています。クリンチング工程では、各種板厚の薄板金属やその他の材料を(接着剤や他の中間層を用いることも可能ですが)冷間成形工程で接合します。産業アプリケーションでは、クリンチングは、1枚の板厚0.1mmから総板厚12mm/.47"まで、引張強さ800 N/mm2/5.7 lbf/in2までの条件で適用されています。

TOX® PRESSOTECHNIKは、TOX®-Test Reportで提供されるテクニカルサポートから完全なターンキープラントまで、接合技術に必要なあらゆるコンポーネントを提供します。自動車、白物家電、コンピューター産業、さらにマシンインテグレーターまで多くのお客様が確認しています:"TOX® PRESSOTECHNIKにおまかせください!"

TOX®-クリンチングと各種クリンチングポイント形状の詳細。

TOX®-接合の強度

TOX®-ラウンド接合工程では、ネック部の材料のひずみ硬化、およびノッチ効果の欠如が高保持力に影響します。これは、固定式の剛体ダイの直接の結果です。ひずみ硬化によるスポット溶接の静的強度の最大70%を実現し、表面コーティングの損傷はなく、経済性が向上します。

最悪の条件下での疲労強度

腐食試験では、ラウンド接合工程時に表面コーティングの損傷がないため、接合薄板金属(アルミメッキや亜鉛メッキ)の耐腐食性が維持されます。TOX®-接合では、コーティングが材料とともに移動するため接合対象の材料を破断せず、元の状態を維持します。

品質管理 - 管理寸法"X"

 

引張およびせん断荷重への抵抗は、接合パラメーターとツール寿命を守るという条件で、管理寸法"X"によって異なります。

TOX®-クリンチングテクノロジーのメリット

1

経済的 - クリンチングはスポット溶接よりも大幅にコストパフォーマンスに優れています

2

信頼性 - 弊社が接合強度値を保証します

3

多用途 - クリンチングは、膨大な材料の組み合わせに対応します

4

環境に優しい - クリンチングは省エネで、クリーン、静音

5

ユーザーオリエンテッド - TOX® PRESSOTECHNIKはテクノロジーおよびすべての生産設備の源です。

多くの金属接合で、TOX®-クリンチングは最適で、望ましい、環境的に優しいソリューションです。

より多くのメリット:

  • 母材のみを使用した薄板金属接合
  • 異なる材料の組み合わせに対する最良のソリューション
  • 0.3mmから最大12mmまでの総板厚
  • 表面に損傷がない
  • コンタミネーションや再加工がない
  • 接着剤や紙などの中間層でも使用可能
  • 熱や火花の発生がない
  • 高い動的強度
  • ツールの寿命が長い
  • 優れた工程モニタリング機能
  • 数十年に及ぶ経験
TOX®-クリンチングを使用したお客様のプロジェクト
"TOX® in Action"の能力(機能)を参照
詳細

ステンレス鋼の接合

ステンレス鋼の成形工程には特別な要件があります。高い成形力が必要なため、接合ツールの表面能力が高くなります。TOX®-接合テクノロジーは、ステンレス鋼アプリケーションであっても安全かつ効率的に使用できます。多くのアプリケーションでの絶え間ないツールの開発と経験がツール寿命を伸ばしています。

関連トピック

TOX®-テストレポートの依頼

Read more

TOX®-クリンチングツール

Read more

住所

TOX® PRESSOTECHNIK Co.
1261-1 SATANI, SUE-MACHI
FUKUOKA 811-2115
電話: +81 92 9344888
Fax: +81 92 9344884
コンタクト
JP: +81 92 9344888 コンタクトフォーム
 
Cookie情報

弊社では、Webサイトのコンテンツを効率よく表示するためにCookieを使用します。Cookieに関する詳細およびCookieの使用拒否のオプションについては、当サイトのプライバシーポリシーを参照してください。 プライバシーポリシー.

閉じる