TOX PRESSOTECHNIK
close
オンライン製品コンフィギュレーター
Get started

ソリッドパンチリベット

ソリッドパンチリベットを用いた接合

ソリッドパンチリベットでリベット接合を行う場合、接合対象の部品は最初にストリッパーとダイの間にクランプされます。リベットが部品のポンチ側平面と面一になるまで、ポンチによりリベットが薄板金属を貫通します。次の再版では、ポンチとストリッパーが材料をダイのフェルールに押し込みます。ダイ側材料は環状溝に流れ込み、成形ロックと圧入が行われます。

ここでは、自動車部に使用されるソリッドパンチリベット接合を例に説明しています。

1

固定

2

リベットのアプリケーション

3

リベットと接合部の変形

4

戻りストローク

ソリッドパンチリベット接合テクノロジーを使用するメリット:

  • 異なるコーティング材をピアスリベットで接合
  • 熱が少ないため、ゆがみの少ない接合が可能
  • 高強度、光学テスト可能な接合
  • 事前のドリル穴あけやパンチ穴あけがない
  • 板厚や強度の異なるワークのリベット接合
  • 高速な自動プロセスが可能
  • リベット穴のセンタリング不要
  • 合理化が可能
ソリッドパンチリベット接合システムのお客様のプロジェクト
"TOX® in Action"の能力(機能)を参照
詳細

ソリッドパンチリベット接合の革新的なテクノロジーであるTOX® PRESSOTECHNIKにより、薄板金属接合のスペシャリストは、最も期待できるプロセスでデリバリとパフォーマンスを向上できます。

ソリッドパンチリベット接合は、軽量構造物やハイブリッド部品とサブアセンブリにとって重要な、新たな機械的薄板金属接合の世界をもたらします。

またリベット供給、ガン、ツール保持具などの汎用設備、さらにハンドヘルドガンやロボットガンにより径4.0mm、長さ3.3~8.1mmのソリッドパンチリベット、さらに径5.0mm、長さ3.9~9.0mmのソリッドパンチリベットを柔軟性をもって加工できます。

住所

TOX® PRESSOTECHNIK Co.
1261-1 SATANI, SUE-MACHI
FUKUOKA 811-2115
電話: +81 92 9344888
Fax: +81 92 9344884
コンタクト
JP: +81 92 9344888 コンタクトフォーム
 
Cookie情報

弊社では、Webサイトのコンテンツを効率よく表示するためにCookieを使用します。Cookieに関する詳細およびCookieの使用拒否のオプションについては、当サイトのプライバシーポリシーを参照してください。 プライバシーポリシー.

閉じる