TOX PRESSOTECHNIK
close
オンライン製品コンフィギュレーター
Get started

TOX® PRESSOTECHNIK.1978年創立

お問い合わせ

JP: +81 92 9344888
  • 2016年までのドイツ本社の発展
  • 1980年 TOX®-パワーパッケージの生産開始
  • 1985年 アメリカに子会社設立
  • 1985年12月 火災により工場焼失
  • 1990年 TOX® PRESSOTECHNIK 本社
  • 1986年 "TOX®-接合" 技術発表
  • 1988年 オーナーであるラップ氏が優秀発明賞受章
  • 1993年 中国で操業開始
  • 1981年 ハノーファーメッセに出展
NEXT
NEXT

35年を超える成功とイノベーション

2016
  • 新事務所と食堂。2016年4月完成予定。
2015
  • ドイツの本部ビル拡充開始。
  • 2015年12月の新規生産館の最終予定期日。
2013
  • 最初のTOX®-応用エンジニアリング賞(University of Applied Sciences Ravensburg-Weingartenへの優秀な教育業績に対する賞)
2012
  • ドイツと韓国で生産設備の拡充。ブラジルで新施設、中国、日本、インドでの展開の起工式。
2010
  • TOX® PRESSOTECHNIKは、プレスでモジュール プレス プログラムを拡張し、ナット、ボルト、ソリッドパンチリベットを設定。
2009
  • TOX®-サーボシステム No# 1000、は3月9日に提供。
2008
  • TOX®-パワーパッケージライン-Qは、TOX®-サーボシステムのコントローラーライン-Qと一緒に導入。
  • 補完的ラインXは、カスタマイズされたサーボドライブアプリケーションをサポート。
  • 新TOX®-マイクロポイントおよびTOX®-ツインポイントは、接合アプリケーションの新しい展望を開く。
2007
  • 中国、日本、インドのTOX® PRESSOTECHNIKは、自社施設へ移行。
  • TOX® PRESSOTECHNIKポーランドの創立
  • ブラジルとジョイントベンチャーをTOX® PRESSOTECHNIKの子会社へ引き継ぐ
2006
  • TOX®-プロセスモニタリングCEP 400の導入。
  • インドでの生産設備ビル。
2005
  • TOX®-ファインプレスプログラムの導入。全種類のプレスとツールで、小規模なプレスのマーケットに参入。
  • TOX®-韓国は自社ビルへ移行。
  • TOX® PRESSOTECHNIKインド、プーナの創立、TOX® PRESSOTECHNIKマレーシア、クアラルンプールの創立
2004
  • 中国で生産能力の拡大。
2003
  • TOX®-クリンチリベットを組立工場で使用:通常のリベットへの新しい競合。
  • TOX® PRESSOTECHNIKは、25周年記念を祝う。
2002
  • TOX®-サーボシステムのプレゼンテーション:ハードウェアとソフトウェアの効率的な組み合わせによるユーザーフレンドリーのサーボドライブ
2000
  • ISO認証
  • 日本で会社創立
1999
  • ドイツとUSで施設の拡充。SAPの導入
1998
  • TOX®-パワーパッケージシリンダー100,000台納品。
1996
  • アジア市場でのプレゼンスを強固にするため韓国でTOX® PRESSOTECHNIKの創立。
1993
  • 中国での生産開始と国内の販売組織体制の確立
1990
  • 輸出活動の増加
  • 小規模マーケットで子会社とジョイントベンチャーの設立。
1989
  • TOX®-ポイントは、自動車に最初に適用。変速機ハウジングとサンルーフで、サクセスストーリーが始まる。
1988
  • TOX®-ラウンドポイントでの最初のアプリケーションの大量生産(オフィスチェア)
1986
  • TOX®-接合テクノロジー「クリンチング」の導入。
1985
  • アメリカ、シカゴでPRESSOTECHNIK株式会社創立。
1981
  • パワーパッケージを基礎に抵抗溶接シリンダーの開発。
1980
  • 完全パワーパッケージ生産ラインの開発。
1978
  • ドイツでPRESSOTECHNIK GmbH有限会社を創立。最初のパワーパッケージシリンダーの導入。
 

弊社の顧客は弊社のリファレンス

住所

TOX® PRESSOTECHNIK Co.
1261-1 SATANI, SUE-MACHI
FUKUOKA 811-2115
電話: +81 92 9344888
Fax: +81 92 9344884
コンタクト
JP: +81 92 9344888 コンタクトフォーム
 
Cookie情報

弊社では、Webサイトのコンテンツを効率よく表示するためにCookieを使用します。Cookieに関する詳細およびCookieの使用拒否のオプションについては、当サイトのプライバシーポリシーを参照してください。 プライバシーポリシー.

閉じる