TOX PRESSOTECHNIK
close
オンライン製品コンフィギュレーター
Get started

TOX®-ツインポイント接合システム

2倍の強度で2点接合

TOX®-ツインポイント薄板金属接合システムは、溶接やリベット接合のような不可欠な方法に関連する代替テクノロジーです。多くの場合、曲げやねじ止めの代替にもなります。

TOX®-ラウンドポイントの初期の接合とそのバリエーションと同様に、TOX®-ツインポイントは、薄板金属接合の可能性を広げます。この新しい接合は、2in1(ツーインワン)ソリューションです - 2接合ポイントを1ツールセット(ポンチとダイ)を使用して、1プレスストロークで成形。生産性の向上と回転防止が基本的な目的です。新しい接合の特性は次のとおりです。

革新的なTOX®-ツインポイント接合

ラウンドポイントの限界を徹底的に調査した結果、最新のTOX®-ツインポイントテクノロジーが生まれました。1打点のダブル接合設計により小型部品や狭いフランジの接合が可能になります。ベーシックなTOX®-ラウンドポイントと比較して、シングルエレメントダイのダブル接合が、小型部品のクリンチングの可能性を開きます。

新しい接合のキーとなる属性は、そのせん断強度です。シングルTOX®-ラウンドポイントよりも、せん断強度は最大2倍、引張強さは最大1.5倍大きくなります。2つのツールキャビティが非常に近いため、一列に接合される長いコンポーネントで発生しやすいジッパー作用(エンドポイントの剥離荷重が原因で、ジッパーのようにエンドポイントが裂ける)を軽減します。
接合によって板の回転を防止します。シングルTOX®-ラウンドポイント接合は、全側面で負荷容量が同じです - ツールの位置決めは無関係。

負荷容量

では、クリンチングポイントが近接しており強度値が2倍になるダブルTOX®-ツインポイント接合の場合はどうでしょうか。接合の強度に対する成形方向の影響(両方の接合部に沿った、また横方向)はほとんど見られません。特に、柔らかい材料の場合、シングル接合と比べて、強度の増加は注目すべきものがあります。生産性の向上(1度に2打点)、回転防止、力の方向に左右されない高い接合強度、ジッパー作用の軽減といった特性は、新しいTOX®-ツインポイントテクノロジーのメリットです。この新しいソリューションのキーは、2つの標準のラウンド接合部が非常に近接していることです。つまり、ポイント間の距離は径と等しく、特性の低下はありません。

高品質と高強度

数百回ものテストでも、TOX®-ツインポイントは、常に高品質と高強度を実証します。そのアプリケーションの範囲は広く、0.2mmの鋼板、アルミ、銅や特殊な板、その他、総板厚10mmのコンポーネントのクリンチングまで及びます。TOX®-ツインポイントは、1.2mmから最大12mmまで、どのような接合ポイント径にも対応し、常に最適な抵抗性を実現します。TOX®-ツインポイントを使用すれば、薄板のクリンチングにおいて効率的で再現性の高い安全なシステムを実現でき、また、実証済みのTOX®-ラウンドポイントによって品質は保証されています。

接合の品質管理は、クリンチング工程後の底部の残存板厚"管理寸法X"を計測する非破壊検査により行います。市販の測定器を使ったシンプルな測定により、コストを削減し、製造時の不良発生のリスクを低減できます。これらの特徴により、TOX®-ツインポイントは、薄板接合の分野で最も関心を引くイノベーションの1つとなっています。TOX®-ツインポイントは、現行のクリンチング工程に新たな品質をもたらします。TOX®-ツインポイントが実現する特徴に匹敵するプレス接合技術を提供する会社は他にありません。

関連トピック

TOX®-接合テクノロジー

Read more

TOX®-クリンチングツール

Read more

住所

TOX® PRESSOTECHNIK Co.
1261-1 SATANI, SUE-MACHI
FUKUOKA 811-2115
電話: +81 92 9344888
Fax: +81 92 9344884
コンタクト
JP: +81 92 9344888 コンタクトフォーム
 
Cookie情報

弊社では、Webサイトのコンテンツを効率よく表示するためにCookieを使用します。Cookieに関する詳細およびCookieの使用拒否のオプションについては、当サイトのプライバシーポリシーを参照してください。 プライバシーポリシー.

閉じる